令和元年の言葉

令和元年 十二月

もし 善縁に遇えば 即ち 往生を得
(善導大師)

中国唐代に弥陀の化身といわれた善導大師のお言葉。
阿弥陀さまとの尊いご縁をいただき、お念仏をお称えするお方は必ず極楽往生することができます。


令和元年 十一月

老いの身に 迫りくるらん 死なれども 蓮の都の 旅を思わん

誰しも日に日に年を重ねて、命終わる時が近づいてまいります。
目を背けたいことではありますが、その先に蓮の都―極楽浄土というたどり着きたい処があると願った時に、毎日の生活も楽しい旅のひと時に思えてまいるのです。


令和元年 十月

念佛は 南無阿弥陀仏と 申しゃんせ 我れ知らずとも 極楽へ往く
(徳本行者)

江戸時代の念仏行者―徳本上人の御作。
お念仏はその中身を理解するようなものではありません。ただ一心に南無阿弥陀仏とお称えすると知らずのうちに極楽浄土へ生まれ往くことが叶います。阿弥陀さまのお慈悲を信じてお念仏を申してまいりましょう。


令和元年 九月

念々の称名は 常の懺悔なり
(善導大師)

「弥陀の化身」と奉られた中国唐代の名僧―善導大師のお言葉。
日々に常に過ちを犯しながらでしか生きていくことのできない私たちではあるが、口に称えるお念仏の一声一声にその罪を払う阿弥陀さまのお力がはたらいています。
どうぞ阿弥陀さまと共に、毎日を過ごしてまいりましょう。


令和元年 七月

法の道 知るも知らぬも 渡すべし 極楽へ行く 船の便りに
(恵心僧都源信)

お念仏の御法は、仏教の詳しいことを知るお方もそうでないお方も阿弥陀さまの極楽浄土へ渡らせてくださる道であります。南無阿弥陀仏と本願の大船に乗り、この世の悩み・憂い・悲しみ・苦しみを越えて生きてまいりましょう。


令和元年 六月

弥陀佛の 前にすわりて 念佛し 今は浄土の 心地なるらん
(荒巻くめ女)

吉田寺の丈六阿弥陀如来さまの前でお念仏をお称えしましょう。皆さまも何か尊いものを感じていただけることでしょう。


令和元年 五月

生まれがたき 浄土に 往生せん事 悦びの中の 悦びなり
(法然上人)

浄土宗を開かれた法然上人「一紙小消息」の一節。
元号が令和に改まりました。ありがたくも今日に人間としての命を頂戴しております。さらには阿弥陀さまとお念仏のご縁を結ぶ身の上でもあります。極楽浄土に通じる道を歩む悦びをかみしめながら毎日を生きてまいりましょう。


平成三十一年 四月

仰ぎ見よ 弥陀本願の 末広を 釈迦一代の 要なりけり
(徳本行者)

老若男女は勿論、善人悪人をも差別することなくお救いくださる阿弥陀さまの大きなお慈悲をありがたく噛みしめましょう。お釈迦さまもこの世にお出ましいただいた八〇年の間に、仏道の肝要として阿弥陀さまのお慈悲を説き示してくださいました。


平成三十一年 三月

往きし人 縁結びし はらからに 疾くかえり来て 済度したまえ
(藤堂俊章台下)

先に極楽浄土へ赴かれたご先祖さま―どうか私たちをもお浄土へお導きください


平成三十一年 二月

いかなる愚かな者にても 南無阿弥陀佛と称うれば

往生するぞと思いとり 一点の疑いもなく 南無阿弥陀佛


平成三十一年 一月

朝夕に 歓喜感謝の 胸晴れて 希望におどる 無量寿の旅

生かされている歓びを胸に一日を生きていきましょう。お念仏をお称えする毎日は限られたこの世の命を超えて、お浄土での永遠の命につながる生き方です。