御尊像と境内

御尊像と境内

丈六阿弥陀如来(重文)

 御本尊は奈良県下最大の阿弥陀如来座像である。起立されたときの御身丈が一丈六尺(約4m80cm)ほどであることから丈六阿弥陀如来像と呼ばれる。恵心僧都が境内の栗の木から、お刻みされたと伝わる。阿弥陀如来の大慈悲をあらわす千体仏の光背をもち、上品上生印を結ばれた、端正なお顔立の阿弥陀如来像である。

多宝塔(重文)

 丈六阿弥陀如来像を刻まれた栗樹の切り株の跡に建立されたと伝えられる二層の塔。室町時代・寛正四年(1463年)に創建され、内部には恵心僧都の父―卜部正親公の追善のための秘仏・大日如来像が安置されている。毎年9月1日~2日および11月1日~3日のみ開扉される。方三間、高さおよそ12m。

鐘楼

 かつての梵鐘は戦時下に供出された。現在の梵鐘はシベリア抑留から帰還した浄譽長悦によって新調されたものである。各法要で使用されるほか、8月に平和の鐘つき、大晦日に除夜の鐘つきが行われる。

境内の仏さま

慈母観音菩薩
石仏の観音菩薩。交通事故で母を亡くした幼児の無事成長と母の追善菩提を願って安置された。(写真左)
延命地蔵菩薩
石仏の地蔵菩薩。毎年7月に数珠繰りお念仏を中心とした地蔵盆が賑やかに勤められる。(写真右)

タイトルとURLをコピーしました